青汁 ランキング

口コミ評価の高い青汁を【実際に買ってランキング】

 

青汁は朝からスッキリ健やかでいたい、ダイエット時の栄養補給などに向いており、健康目的で飲む人がブームからずっと右肩上がりで増えています。最近の青汁は飲みやすさにこだわったものや、栄養素をぎゅっと濃縮して配合したものなども販売されているので、どれを購入すればよいか迷ってしまうこともあるかもしれません。そういった場合のヒントになればと思っています。青汁ランキングで人気の商品をまずは試してみるのが青汁初心者にはオススメです。また青汁は継続して飲まなければ、実感することは難しいので、、値段的にも負担がかからない商品を選ぶ方がよいですね。実際に試してみてコスパ共に良かった青汁人気ランキング【管理人ガチの】をご紹介しましょう。

こんな人に青汁はオススメ

 

スムーズな健康生活をおくりたい!

スッキリ快チョーになりたい!

スッキリと若々しくいたい!

健康診断、自信をもって受けたい!

野菜不足を気にしたくない!家族みんなで健康へ!

 

\ 酵素×青汁特集! /

酵素と青汁の関係が続けやすく女性にとても人気で商品も増えてきています。理由としては酵素ドリンクみたいに甘くない。
栄養価も高く、健康×美容に最適
なのが人気の秘訣です。クリックで下に移動します。

↓ ↓

 

 

 

価格・飲みやすさ・成分に注目して、おすすめランキング♪

 

【サントリー 極の青汁】


サントリー極の青汁はおいしく毎日続けられる青汁です。前茶と抹茶のブレンドが心地よく、野菜嫌いな方にも飲みやすく作られています。味で青汁が続かない人にもオススメです。またきなこやヨーグルトを混ぜて飲むスタイルも結構おすすめで、無理なく青汁を続けることができます。国産のお野菜を厳選 の熊本阿蘇産、屋久島産など、栄養価の高さ・安全性に配慮した国内素材を使用しています。

 

とにかくおいしい!

 

 

価格 内容量
価格3,240円(+税)定期一回解約可 内容量 30包 一ヶ月

 

 

⇒実際に飲んでみた体験レポはコチラ


 

 

【ファンケルの青汁は1杯飲めば1食分の緑黄色野菜が摂取可能】


ファンケル青汁の特徴として、なんといっても高い栄養価があるという点でしょう。特に本搾り青汁では、原料に国内産ケールを100%使用していますので、非常に豊富な栄養素が含まれています。ケールは野菜の王様と言われておりビタミンやミネラルなどの現代人に不足しがちの栄養をたくさん含んでいるので青汁に最も優れている野菜と言われているのです。トライアルがあるので青汁を試してみたい方はオススメです。

価格 内容量
500円【トライアル】 10包

 

 

⇒実際に飲んでみた体験レポはコチラ


 

 

 

【ふるさと青汁】


青汁の王道である明日葉、大麦若葉、桑の葉を凝縮して作った、ふるさと青汁は全てが国産で原料を厳選して抽出しています!ストレルや体に溜っているモノをスッキリ排出してくれる青汁と言えます!香りもヨモギのような香りで毎日続けられるよう配慮されています♪

 

特別キャンペーン実施中♪

価格 内容量
3420円【税抜き】〜 14包から

 

 

 

 

【飲みごたえ野菜青汁】


完全国産の野菜や海藻、豆類を凝縮したエバーライフの飲みごたえ野菜青汁の最大の特徴は、皮やヘタまで濃縮している点です!他の青汁と比べてもこの方式を採用している会社は少なく、栄養価の高い成分を摂取できます!きな粉や抹茶を使用して飲みやすく健康を維持できる工夫がいっぱい詰まった青汁です。

 

ヒアルロン酸も配合♪

価格 内容量
2910円【税抜き】〜 30包から

 

 

 

 

 

【ステラの青汁】


クロレラやケール、長命草も配合したステラの贅沢青汁は14万袋を突破した大人気青汁商品です。高い栄養価が期待できるケールはもちろんのこと、それ以外にもクロレラや長命草まで配合しているので、年齢を感じてきた体にぴったりの青汁といえます。またステラの贅沢青汁は粉末ではなく、粒状タイプになるので、水で飲むだけでよいのも嬉しいですね。青汁特有の苦みや青臭さを感じることなく、手軽に摂取できるでしょう。

 

とにかくお試しが安いです!

 

価格 内容量
お試し980円【税込み】〜 粒タイプ

 

 

⇒実際に飲んでみた体験レポはコチラ


 

青汁×酵素に注目してランキングしてみました


最近様々な企業が酵素と青汁の商品を開発して競っています。それだけ酵素と青汁は健康面でも美容においても優れていると考えられているようです。

 

酵素青汁 ダイエット

 

酵素が取れて健康にも良い代表ドリンクが青汁です。それをカプセルタイプにして飲みやすなっています。酵素ドリンクのように砂糖や糖分が入っていませんし、健康とダイエットに良いパフォーマンスを発揮します。青汁で健康ダイエットを目指す方にオススメ!

 

⇒とにかくダイエット&脂肪燃焼向けです!

 

価格 内容量
初回500円【税抜き】〜 60粒入り

 

 

⇒実際に飲んでみた体験レポはコチラ


 

 

生酵素×青汁【ホコニコ】

生酵素を全面に押し出している青汁です。全て国産の野菜にこだわって139種類もの植物発酵エキスを取り入れています。
美容と健康のバランスを重視したい人にオススメの青汁♪

 

 

とにかく生酵素!

 

価格 内容量
980円【税抜き】〜 30袋入り

 

 

⇒実際に飲んでみた体験レポはコチラ


 

 

活きた酵素と青汁


乳酸菌と酵素×青汁で今話題のおなかすっきり成分を配合した青汁です。健康に腸内フローラの改善を毎日青汁で続けたい人にオススメ

 

 

⇒とにかく酵素×乳酸菌

 

価格 内容量
2286円【税抜き】〜 31袋入り

 

 

 

 

 

 

青汁レポのカンタン♪比較表

 

  特徴 形状 価格 1回分
えがおの青汁満菜 有機原料10種 粉末 2460円〜 79円〜
サントリー 極の青汁 煎茶と抹茶を配合 粉末 3240円 108円
ファンケルの本搾り青汁 主原料は国内産ケール 粉末 500円

トライアル

50円〜
ステラの青汁 クロレラ入り 粒状 980円〜 32円〜
酵素青汁111選 健康・ダイエットに 粒状 500円〜 17円〜

 

 

 

 

青汁の主な栄養成分と効果

青汁が体にいいことはなんとなく知っているけれど、どんな栄養素が含まれていて、どのようなメリットが期待できるのかイマイチわかっていない人も多いのではないでしょうか?

 

とりあえず体によいから摂取するというスタンスよりも、どんな栄養成分が含まれているので、こういったメリットが期待できると分かった上で摂取した方が、自分の体を見直すきっかけにもなりますよ。

 

青汁の原料は?主成分は何?

 

青汁の原料としてよく用いられているのが、大麦若葉や、ケールなどです。

 

大麦若葉

大麦若葉は青汁独特の苦みやくさみが少なく、栄養バランスもよいので子供やお年寄りでも飲みやすい商品が多いでしょう。
イネ科の植物で、食物繊維、鉄分、葉緑素、カテキン、SOD酵素が含まれ、健康の維持等、いつまでも若々しくイキイキを支えてくれます。
他の青汁の原料と混ぜ合わせて使う場合も多いでしょう。

 

ケール

ケールは青汁の代表的な原料とも言えます。
普段の食生活ではあまりなじみがありませんが、キャベツの一種で野菜の王様と言われています。栄養価に優れているのが特徴です。

 

青汁にはカルシウムやリンなどのミネラル類や、ビタミンC,B、葉酸などのビタミン類、葉緑素、さらにはタンパク質、食物繊維も含まれています。体内で不足しやすい栄養素をたくさん摂取することができるのでおすすめです。

青汁の選び方

 

健康や美容目的で青汁を習慣的に飲む人が増えています。そのため青汁関連商品は、以前に比べて非常に増えており、ドラッグストアやネットショッピングなどで手軽に購入することができるようになっています。

 

青汁は、現代人の食生活で不足しがちな栄養素をしっかりと補給できる手軽な食品ですが、継続して飲むことが重要であると言われています。嬉しい実感のためには、長期的に青汁を飲む必要がありますので、できるだけ、自分が納得したものを選びたいですよね。そこで今回はは青汁の選び方のポイントについてお話しましょう。

 

【最も重要なのは安全への信頼性である】

 

数ある青汁の中から、自分の体質に合うものを選ぶことが大切になりますが、やはり安全性への信頼度が高いものを選ぶ事が最も重要であると言われています。

 

毎日飲み続けるものになるので、添加物など余計な成分が含まれていないものや、原材料の産地がきちんと表示されているものを選ぶとよいでしょう。

 

商品によっては、朝摘みしたものだけを絞っているものもあり、新鮮かどうかも重要です。また栽培する時に、農薬などを使用しているのか、どのような材料が含まれているのかもきちんと確認しなければなりません。

 

【青汁の原料によって含まれる栄養素は異なる】

 

青汁の原料には、

  • ケール
  • アシタバ
  • 大麦若葉

などがあり、原料によって青汁に含まれる栄養素も異なってきます。

 

栄養価を重視するならケール

栄養価が最も高い青汁を選びたいのであれば、ケールがおすすめです。

 

ケールは緑黄色野菜の王様と言われるほど栄養価に優れています。


 

飲み口にこだわるなら大麦若葉

一方栄養素よりも飲み口にこだわった人は、苦みや青臭さが少ない大麦若葉がおすすめでしょう。
まずいと感じてしまうとなかなか続けて飲むことはできませんので、毎日飲むのであればおいしさにこだわるのも大切でしょう。


 

【コストパフォーマンスと使用方法もチェックしよう】

青汁を買う時にチェックしたい点として、価格面も重要です。1日あたりいくらで青汁が飲めるかを計算して購入すると、コストパフォーマンスがよいのか悪いのかがはっきりします。

 

また飲み方に関しても、溶けやすいのか、作るのは面倒ではないのかなどといった点も注意した方がよいですね。

今流行りの青汁は?

最近流行の青汁は乳酸菌配合の青汁や、お酒やカクテルと割る生青汁、フルーツと青汁をミキサーにかけてスムージー風にして置き換えダイエットにするなど様々な青汁の飲み方が提案されています。最近知られた腸内フローラを整える事ができますし、うつ病の原因であるセロトニンも腸で作られているという説もあり青汁との相性は抜群です!

 

 

特にスムージーのレシピは豊富で、ヨーグルトを混ぜれば乳酸菌とビタミン、食物繊維を同時に摂取でき、とても効率の良い健康ドリンクになっています。

様々な青汁の種類と特徴

フルーツ青汁


フルーツ青汁は、青汁にフルーツを加え飲みやすくしたのが特徴。
『すっきりフルーツ青汁』のようにダイエットを目的としたものが多くなっています。さらに美容成分をプラスしたものも多く女の子に人気。モデルさんの愛飲者も多いですね。

 

ヤクルトの朝のフルーツ青汁だけは、酵素や乳酸菌をプラスせずシンプルなフルーツ青汁なので、値段も手頃。健康に気を配りたい方に向いています。

 

乳酸菌配合の青汁


野菜不足を補うだけではなく、お腹の調子を整えてくれる乳酸菌をプラスした青汁も増えています。乳酸菌は善玉菌の餌となりますから、腸内フローラ、腸内環境を整えたい人におすすめです。

 

乳酸菌にもいろいろな種類があるので、目的に合ったものを選びましょう。

 

粒タイプの青汁


飲みやすくなったとは言え、やっぱり青汁は苦手…もっと手軽にという人にピッタリなのが粒タイプの青汁です。
ビタミンやミネラル、食物繊維など青汁の栄養素をそのままギュっと詰め込んでいます。

 

粒タイプだからケールが入っていても大丈夫!原材料の味を気にせず、内容重視で選べます。

 

冷凍青汁


青汁が出始めた頃、主流だった冷凍青汁ですが、今でも販売されています。青汁の本家本元とも言えるキューサイや、ファンケルなどから冷凍タイプが出ています。

 

これぞ青汁!というのが好きな人に人気。生絞り感を味わいたいときなどにも良いかも知れませんね。
フレッシュで良いのですが、冷凍室が圧迫されるのが難点です。