青汁とブルーベリーで健康のススメ

ブルーベリーで青汁では補えない部分をしっかりと!

 

健康ブームの昨今、健康食品が飛ぶように売れていますが、中でも栄養価が高くまた栄養バランスも良いということから、青汁は不動の人気を誇っています。

 

青汁の人気が高いのは、野菜不足を痛感している人が多い、ということなのでしょう。

 

青汁の原料は野菜であり、野菜を絞った汁が「青汁」ですから、主となる原料(ケール・明日葉・大麦若葉など)は違うとはいえ、ビタミン、ミネラル、食物繊維などは豊富に含まれているはずですし栄養価も高いといえるでしょう。

 

ですが、青汁はあくまで健康食品であるため、青汁だけを飲んで入れば万全、という訳では残念ながらありません。

 

もちろん、青汁に限った話ではありませんが、どんなに栄養価が高い・栄養バランスが良いといわれる食品でも1種類だけ食べたり飲んだりしていればいいということではなく、他の食材、食品と組み合わせることで相乗効果を狙うことが出来る、更に健康になれる!というものです。

 

『青汁にプラスワン!青汁とブルーベリーで更に健康に!!』


不足しがちな野菜を補給するため、健康のためにと健康志向の方々から強い支持を得ている青汁ですが、飲みやすいのが難点。という声も多く聞かれます。

 

また、毎日飲み続けることがベスト、とは分かっていても毎日ストレートで飲んでいると飽きてしまう……ということから、青臭さを抑えると共に味にアクセントをつけ摂取しやすいようにと牛乳や豆乳に溶かして飲む、ヨーグルトに入れる、きな粉と混ぜる、蜂蜜を加える、果物と一緒にミキサーで混ぜる……など工夫を凝らす方が増えてきました。

 

プラスするものによって、健康に美容にと更なる効果を期待できる訳ですが、某メーカーからブルーベリー味の青汁が発売されているように、青汁とブルーベリーって相性がいいことをご存知でしょうか?

 

ブルーベリーに含まれるアントシニアンが視力に良いことは広く知られているところではありますが、米国農水省研究所の研究において抗酸化作用ナンバー1ランクであることも認められています。また、他の研究所においても尿管感染症、コレステロールにも有効であることが認められているなど、ブルーベリーには人体にとって有用な成分が色々と含まれていることが分かっています。

 

ブルーベリーも青汁同様栄養価が高いものですが、それぞれ含まれている成分が異なっており、あわせて摂取することにより相乗効果を生み出し、健康促進に拍車をかけてくれます。

 

ほうれんそうもかなり万能なのでチェック

 

⇒健康で続けられる青汁選びをサポートしています

【特集!】青汁ガチレポート