検証!苦くてまずい青汁は美味しい青汁よりも効果が高いって本当?

不足しがちな栄養素がたっぷり含まれている青汁はまずい?おいしい?

まずい青汁

 

「青汁」というと緑色の飲み物をイメージされるかと思いますが、それもそのはず。
青汁は主にケール・大麦若葉・明日葉などの葉菜類のお野菜を原材料として作られています。

 

これらの原材料に豊富に含まれているビタミン・ミネラル類・食物繊維は、健康維持をはじめに、美容や便秘改善のためには必要不可欠だと言われています。青汁を生活に取り入れることで、現代社会では不足しがちと言われているこれらの栄養素を簡単に補えるということですね^^
ですが、ここで疑問がわく方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

「葉菜類のお野菜がたっぷり配合されている飲み物…ということは、やっぱり苦くてまずいんじゃないの…?」と。
結論から言いますと、苦くてまずい青汁もたくさん販売されているのが現状です!その反面、甘くておいしい青汁もたくさんあって人気が出ているんだとか…。

 

そこで今回は、「苦くてまずい青汁」と「甘くておいしい青汁」の違いを徹底検証!
それぞれの青汁にどのようなメリット・デメリットがあるのかをご説明させて頂きたいと思います。

 

青汁の原材料は?まずい味の原因はケールにあり

 

「青汁=まずい」という印象になったのは、「まずい、もう一杯!」で同じみの「キューサイ青汁」のCMがきっかけとなったのではないでしょうか?

 

これは1990年代の、まだ青汁が世に出回っていないときに世間をざわつかせた話題のCMですが、この頃から約20年以上も経った今では、青汁のおいしさもずいぶんと変わっているんですよ♪

 

では、このキューサイの青汁はなぜまずかったのでしょうか?実は、最近の青汁では大麦若葉や明日葉がブレンドされていたり、ケール不使用で大麦若葉を主原料とした青汁もたくさんありますが、キューサイ青汁の原材料を調べてみると、なんと国産ケール100%ではないですか!

 

まずい青汁

 

また、この頃お茶の間で流行っていたテレビ番組「いいとも」でも罰ゲームとしてまずい青汁が用意されていましたが、これもケール100%で作られたもの。
ということは… どうやらケールに「苦くてまずい」独特の味が秘められているんですね。

 

それでもやっぱりケールはすごい?ケールがもつ魅力とは?

 

青汁がまずいと言われる理由は原材料のケールにあった!と判明したところで、「できればケール不使用のおいしい青汁を…!」とおすすめしたいのですが、ちょっと待ってください。

 

こんなにも「苦くてまずい」といわれているのに、ケールを配合している青汁もまだたくさん販売されているのには、なにかわけがあるのではないでしょうか? 

 

そこで、原材料のケール・大麦若葉・明日葉の、それぞれがもつ特徴と効果を比較してみることにしましょう♪

 

ケール

大麦若葉

明日葉

カロリー 28kcl 38.8kcal 33kcal
食物繊維 3.7g 4.11g 5.6g
ビタミンC 81g 7g 41g
カルシウム 220mg 25mg 65mg
鉄分 0.8mg 4.16mg 1mg

 

ケール

・アブラナ科の野菜
・独特の苦みがある

大麦若葉

・イネ科
・クセがなく、抹茶風で飲みやすい

明日葉

・セリ科
・少しだけ苦みがある
・100gあたり33kcal

 

このように表で見てみると、ケールはやはり栄養価が高いことが分かりますね♪ですがそれに劣らず、大麦若葉・明日葉にもそれぞれ優れた点があるようです。
このような結果から、「まずい青汁だから栄養が一番高い・おいしい青汁だから栄養が少ない」ということは一概に言えないことが分かりました。

 

自分が何を目的で青汁を摂取するかによって主成分を選ぶことが大事ということですね。例えば、カルシウム不足が気になる方はケール配合の青汁をおすすめしますし、美容のために…いう方にもやはりビタミンCがたっぷりのケールが良いでしょう。

 

また、貧血改善に…という方は鉄分が多い大麦若葉配合の青汁を、便秘改善に…という方には食物繊維たっぷりの明日葉配合の青汁をおすすめします^^

 

ちなみにですが、ケールは栄養素が高いので目的によってはおすすめします…とご説明しましたが、安心してください*現在は、ケール配合の青汁でも昔と違って100%配合というのは少なく、その他の野菜やフルーツで甘みが足されていることも多いので、ケール配合を選ばれたとしても以前よりは比較的飲みやすくなったかと思います。

 

目的別で選ぶ!ケール・大麦若葉・明日葉配合のおすすめ青汁をご紹介♪

 

やっぱりケール100%を試してみたい!そんな方には…

ファンケル 本絞り青汁

本絞り青汁

 

  • 主成分 ケール100%(国産)、水溶性食物繊維
  • 通常価格 2,046円
  • 初回限定特別価格 780円(10本+10本プレゼント 合計20本分)

★1回のみの購入でもOK

 

 

冒頭でご紹介した、キューサイの100%ケール青汁の比べても飲みやすい!

 

と口コミで人気だったのでランキングインに選びました♪


 

ケール・大麦若葉・明日葉がバランスよく配合されている青汁なら…

生青汁

生青汁

 

  • 主成分 ケール、大麦若葉、明日葉、緑茶・ほうじ茶、201億個の乳酸菌
  • 通常価格 3,600円(30包)
  • サンプル販売 500円(6包)

★1回のみの購入でもOK

 

 

乳酸菌が入っている青汁は珍しく、大変うれしいですよね!
また、国産青葉が絶妙にブレンドされているので、居酒屋さんのハイボールに合う!
と口コミで話題となっている、飲みやすい青汁です♪


 

苦いのは苦手!甘くておいしい青汁を探しているなら…

めっちゃたっぷりフルーツ青汁

めっちゃたっぷりフルーツ青汁

 

  • 主成分 クマザサ、明日葉、モリンガ、フルーツ・野菜合計22種類のエキス、プラセンタ
  • 通常価格 5,980円
  • 定期便初回価格 680円

★定期便の回数縛りはナシ 一回きりで解約可能

 

タレントのゲンキングさんがイメージキャラクターとして勤められているこの青汁。名前の通り、めっちゃたっぷりのフルーツが配合されているので子供から大人まで幅広い世代で飲めます!

 

青汁のイメージを覆されるほど、おいしい商品です♪


 

青汁に含まれる食物繊維は便秘解消に有効?

青汁を、便秘解消の為に飲まれる方もたくさんいらっしゃいますが、なぜ青汁は便秘に効果的なのでしょうか?それは、青汁に配合される主成分の葉菜類にたくさんの食物繊維が含まれているからなんです。
先ほどの表でも示しました通り、主成分のケール・大麦若葉・明日葉100gにつきそれぞれ

 

ケール

大麦若葉

明日葉

食物繊維 3.7g 4.11g 5.6g

 

となっており、
例えば…

・ほうれん草 約1.12g
・トマト 約0.7g
・にんじん 約2g

 

と、普段摂取しやすい野菜に含まれている食物繊維の量と比べても格段に高い数値になっているんです。
そして最近では、これらの主成分に加えて乳酸菌を配合している青汁もたくさん販売されています。

 

乳酸菌も、腸を整えるということで便秘に効果的だと言われていますが、これらを青汁1杯で効率よく摂取できるので便秘におすすめされる理由が分かりますよね♪

 

 

実はダイエットにも最適!酵素やフルーツたっぷりの青汁も

 

次に紹介したいのは、ダイエット目的で青汁を摂取したい!と考えている方に、そもそもなぜ青汁はダイエットにも効果的なのかをご説明すると同時に、おすすめの青汁をご紹介したいと思います!
まず、青汁がダイエットに効果的なわけ…その理由はいくつかあります!

  • 食物繊維がたくさん含まれているのでお通じがよくなる
  • 腹持ちが良いので置き換え食としても使用しやすい
  • 酵素配合の青汁を選べば、代謝をよくしてくれる働きがあり、痩せやすい体へと導いてくれる

 

など、たくさんの要素があるんです!
ここ最近ではタレントのペコさんが青汁摂取をした結果−8kgものダイエットに成功されたことが有名となっていますよね。それを真似て、青汁でダイエットを試みる方も増えたのではないでしょうか?

 

まずい青汁

 

ただし、無理なダイエットは禁物です!
青汁だけを飲んでたら痩せる…と勘違いをして毎日ガブガブ飲んでいるとやはり栄養が偏ってしまい、健康ではなくなってしまいます。無理しない範囲で毎日の生活に青汁を取り入れてみましょう。数か月後、「気が付くと体が軽くなっている♪」というのが理想ですよね。

 

 

まとめ

まずい青汁

 

以上、まずい青汁がなぜまずいと言われているのか!また、青汁のもつ様々な効果についてご説明させて頂きました。
青汁を摂取する目的は人それぞれ違います。

 

 

「青汁」と一言でいっても各メーカーから出ている青汁の特徴をしっかりと見極め
自分に合った青汁を見つけて頂きたいと思います。


 

こちらのサイトでは、「どんな青汁を選べば良いの?」と迷っている方の、少しでもお力になれたら嬉しいです。
最後に、もし水に溶かして飲む粉末タイプの青汁が苦手であれば、粒タイプやジュレタイプの青汁のありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

あわせて読みたい

 

あわせて読みたい

 

青汁に含まれている成分についてもっと知りたいかたはここからも読んでね♪

青汁に含まれるビタミンの効果

青汁には、ビタミンA、B、C、E、葉酸などの主要な栄養素がバランスよく豊富に含まれています。

 

ビタミンには抗酸化作用があり、体内で発生した活性酸素を除去する働きがあるので、体がさびないように若々しさを維持することができるでしょう。また新陳代謝をアップさせることができますので、肌のターンオーバーサイクルを早め、美肌維持にもつながります。

 

抗酸化作用があれば、シワ、シミ、くすみといった肌の老化を防ぐこともできるのでおすすめです。

 

青汁に含まれるミネラル類の効果

青汁にはビタミン以外にも、カルシウムやリン、マグネシウム、鉄などのミネラル類も多く含まれています。

 

ミネラル類は、体を作るためには欠かせない栄養素であり、体の基本となります。様々な機能を維持し、調節するためにはかかせませんので、健康増進のためには必ず摂取したい栄養素といえます。

 

【特集!】青汁ガチレポート