青汁ファスティングダイエット

青汁ファスティングでも準備期間が必要!


青汁で【ぷち断食】ファスティングダイエットは、しっかりと栄養は体内に吸収されているし、食物繊維でお通じがよくなりファスティング効果とスピードを上げる働きがあると言われています。もちろん便秘体質の人でも効果は上がりやすい傾向にあります。⇒青汁でファスティングダイエット【断食】のススメでも酵素ドリンクより良いという事を書きましたが、
今回はいきなり青汁ファスティングを始めるのはさすがに禁物です!普通のファスティングよりは安全ですが、やはり慎重に行うべき準備編について書いていきます。

 

準備期間は絶対に必要


ファスティングを始める前に、まずは「ファスティングを受け入れる体の下地作り」として、準備期間が必要となってくるんです。

 

いきなりファスティングをしてしまうと、食生活の急激な変化に体がついていかず、トラブルを引き起こすリスクが高まってしまうのです。

 

ファスティングに必要な準備期間の長さ

 

さて、青汁ファスティングを始める前に、準備期間はどのくらい必要なのかというと・・・

 

基本的には「最低でも、ファスティングの期間と同じだけの準備期間が必要」となります。

 

この準備期間の間にも青汁に慣れておくと良いでしょう。
つまり、3日間のファスティングをするなら、最低でも3日間の準備期間が必要、ということになります。
「普段の食生活が乱れがちだな」と自覚がある人は、ファスティングの期間の長さに1〜2日プラスした日数を準備期間にあてるといいでしょう。

 

ファスティング準備期間の食事内容

 

ファスティングの準備期間の食事内容の注意点としては、以下のようなものが挙げられます。

食事は消化のいい和食を基本とする。

朝や、お腹がそんなに空いてない場合は青汁にしてみる

ただし、和食だけでは生野菜が少ないので、別途、生野菜も食べるようにする。

食事の際は、いつも以上によく噛んで食べることを心がける。

食事の量は腹7分目まで。

間食・アルコールは控える。特に、甘いお菓子は厳禁。

ファスティング開始2日前からは、肉・魚・卵も控えるようにする。ここからのたんぱく質摂取は豆腐や豆乳で。

夕食は夜8時までに食べ終わるようにする。

 

これらの注意点をよく守り、無理なく青汁ファスティング期間に移行するようにしましょう。

 

また、ファスティングが終わってから、通常食に戻すまでの「回復食」においても、上記のポイントを守ることは大切になってきますよ。「青汁ファスティングが終わったから、さっそく好きなものを食べるぞ!」などというのは、絶対に禁物です。

 

ゆっくりと回復食に青汁を混ぜていくのが良いでしょう。

 

【特集!】青汁ガチレポート