サントリー 極の青汁の口コミまとめ

 

近年では健康系ビールや缶チューハイ、
新聞や大手メディアなどでも絶賛のセサミンEXや黒酢にんにくなどの健康食品など、
多くの健康関連食品を手掛ける大企業サントリー

 

環境問題や消費者の健康に目を向けた大企業が着手したのは、
入念な研究の積み重ねで開発に至った青汁でした。

 

今口コミでも注目を集めているその名も“極みの青汁”という青汁には安心感と共に高級感を感じさせますが
実際はどのような特徴や効果があるのでしょうか。

 

ここでは極みの青汁についての詳しい効能を見ていきたいと思います。

 

サントリー極みの青汁 3つの特徴

 

極みの青汁の特徴は、大きく分けると次の3つになります。

 

(1)野菜成分のポリフェノールを代表する“ケルセチン”が含まれている

 

抗酸化作用で有名なポリフェノールには、免疫力を高めて体の働きを助けるばかりか、
脂肪を燃焼させる働きをも促進すると言われています。

 

そんなポリフェノールを代表するのが、ケルセチン。

 

そのままでは体内に吸収されにくいケルセチンの研究を進めていく段階でサントリーが発見したのが、
『ケルセチン配糖体を加えることで、ケルセチン本体がより体内に吸収されやすくなる』
ということでした。

 

極みの青汁には、
そうした独自の研究の成果であるケルセチンプラスの構造が持ちいられています。

 

(2)野菜の“質”を極める

 

量はもちろんですが、栄養の素となる野菜にも質を求めたのがこの青汁の特徴の2番目です。

 

野菜の摂取目標である1日350gを見据えながら、
注入する野菜の質にも着目して開発されています。

 

 

(3)国産

 

使用されている大麦若葉や明日葉は全て国産というこだわりで、
単純に野菜成分を取り入れられれば良いというこれまでの青汁とは一線を画すものとなっています。

 

サントリー極みの青汁の効果

 

上質な国産野菜の成分と独自開発されたケラチンプラスのポリフェノール効果の相乗作用によって、多様な効果を生み出しています。

 

 

・野菜が不足しがちな方の毎日の健康を支える
・ダイエット時の美容と健康を保つ
・子どもの成長を助ける

 

といった効果が確認されているようです。

 

 

【特集!】青汁ガチレポート