青汁がダイエット効果!おすすめの理由と飲むタイミングや飲み方

青汁ダイエットの飲むタイミング教えます!

 

 

ダイエット食品などは、食べたり飲んだりするタイミングによって効果に差が生じるという場合も多いですが、青汁はどうでしょうか?青汁はダイエットに効果があると言われていますが、ダイエット飲料ではありません。健康維持や促進のために飲むことが多く、飲んでいるついでに体脂肪が減ったり、代謝が良くなったり、老廃物や毒素をスムーズに排出できるようになるケースもあります。ダイエットに最適とされている飲むタイミングはいったいいつがよいのでしょうか?

 

 

【食事に合わせて飲むのが効果的?!】

青汁はダイエット飲料ではありませんので、いつ飲まなければいけないと言った決まりは特にありません。原料はケールや大麦若葉など野菜のしぼり汁になりますので、食事の時に一緒に飲むのが有効であると言われています。青汁でダイエットを行いたい時には、青汁を飲むだけではなく、食事コントロールをしたり、運動をしたりするなどして体をシェイプアップさせていくのがよいでしょう。

 

 

 

 

 

【青汁は朝食に飲むのが一番よい】

特に1日3回の食事の中でも、朝食時に飲むのがおすすめです。朝食は1 日の食事で最も大切であると言われています。朝食をしっかり食べなければ、エネルギーが補給されませんし、活動的な毎日を送ることはできないでしょう。青汁は普段の食生活では補いきれない、野菜からとれる栄養素を補給する役割があります。特に朝食時はパンだけ、ご飯だけといった栄養が偏りがちになるので、青汁を一緒に飲むことで不足しがちな野菜を取り入れることができるのです。

血糖値が高い方は夕食前な理由!!

その答えはズバリ「夕食前」です。

 

なぜこのタイミングが一番おすすめなのかというと、「食前に青汁を飲むことで、食事の際の血糖値の急上昇がしっかり抑えられて体脂肪蓄積を防げる、夕食は一番食事の量が多いので、特にこの効果が大きく見込める」「事前に青汁を飲むことで、水分や食物繊維等で多少なりともおなかがふくれるため、主食のご飯の量をいつもの7〜8割程度に減らしても苦痛を感じず、摂取カロリーそのものを減らすのにも役立つ」という2つの理由があるからです。

 

 

特に、スピルリナが入っているタイプの青汁は、スピルリナをおなかの中でふくらませておくと主食を減らすのがとても楽になるので、夕食の30〜15分くらい前のタイミングで飲むのが一番おすすめですよ。

 

 

 

【青汁を朝飲むとお通じも快調】

朝食に合わせて青汁を飲むと、お通じもよくなると言われています。青汁には野菜に含まれる食物繊維がたっぷりと配合されていますので、腸内のぜん動運動を活発にしてくれ体内に貯まった老廃物や毒素をスムーズに排出してくれるでしょう。朝飲めば、お腹の調子もよくなりますし、元気もでてきますよ。また飲むだけでOKなので手軽なのも魅力の1つでしょう。

 

 

■ケール・明日葉を使った青汁がおすすめ!

 

では、青汁をダイエットに役立てるためにはどうすればいいのかというと・・・

 

まずは「ケール・明日葉配合の青汁を選ぶ」というのがおすすめです。

 

青汁の主原料としてはケールや明日葉だけじゃなく大麦若葉や桑の葉なども有名ですが、その中で、なぜこの2つなのかというと、数ある青汁原料の中でも、脂質代謝や血糖値上昇抑制作用が特にすぐれていると言われているからです。

 

中でも、ケールについては、第37回日本高血圧学会総会において「ケール青汁が血圧、血糖値、脂質代謝に有効性を示した」という趣旨の臨床試験結果発表がなされているほどですよ。

 

また、ケールも明日葉も食物繊維が豊富なので、デトックス作用による便秘改善のスッキリダイエット作用も期待できます。

 

■できればほしい成分・スピルリナ

 

というわけで、ダイエットのための青汁はケール・明日葉配合のものがおすすめですが、さらに理想を言うなら、プラスアルファ成分としてスピルリナがあれば、なおベターです。

 

なぜかというと、スピルリナは「おなかの中で水分を含んでしっかりふくらむ」という特性を持っているので、これが満腹感を演出してくれるからなんですよ。また、スピルリナには葉緑素クロロフィルがたっぷりと含まれており、これが腸の老廃物を吸着して排出させることで、腸内環境を良好にする作用も期待できます。

 

 

 

■ダイエットのためにおすすめの「粒タイプ青汁」に注目!

 

というわけで、青汁は、野菜不足状態の改善だけではなく、実はダイエットにも使える、というスグレモノなのですが、数多くの青汁の中でも、特に高いダイエットサポート作用が期待できるものがあります!

 

それが、「酵素青汁111選 セサミンプラス」です。
実はこの酵素青汁111選 セサミンプラスは、「青汁」と言いながら、ドリンクタイプではなく粒タイプ。

 

粒タイプだからこそ「いちいちシェイカーに入れて溶かす必要がない」「持ち運びが便利」というメリットがあるのですが、それだけではありません。

 

酵素青汁111選 セサミンプラスの最大のメリットは、成分面にあります!

 

酵素青汁111選 セサミンプラスの成分は、他の青汁よりもはるかにすぐれているんですよ。その内容をざっと挙げてみると・・・

 

1:青汁に欠かせない「青い(緑)色の主原料」として、ケール・スピルリナ・長命草・日本山人参の葉・明日葉という5種類もの栄養価バツグンの原材料を使用している。
その結果、酵素青汁111選 セサミンプラスの栄養価は「1日2粒で、他の代表的な青汁の約37.8杯分」という、きわめて高いレベルを実現。もちろん、ケールや明日葉・スピルリナによるダイエットサポート作用もしっかり期待できる。

 

2:年齢とともに体内から減っていく体内酵素をおぎなうために、106種類もの野菜や果物を使った酵素エキスをたっぷり配合。酵素を外から補給することで、若い頃のような消化酵素や体内酵素の維持をサポートする。

 

3:筋肉をつくり、燃焼しやすい体にするために欠かせないアミノ酸および、抗酸化作用と血流促進による代謝アップ&脂肪燃焼効率作用まで期待できるポリフェノールが豊富なモリンガもたっぷり配合。モリンガのアミノ酸含有量は黒酢の45.5倍、ポリフェノール含有量は赤ワインの13.8倍という、驚きの高含有量!

 

4.「セサミンプラス」という通り、セサミンたっぷりのゴマエキス末も配合。悪玉コレステロール抑制作用や抗酸化作用にすぐれたセサミンの1日の目安量は10mgだが、酵素青汁111選 セサミンプラスはたった2粒にこのセサミンが10.8mgも含まれているので、これだけでセサミンはしっかり摂れる。

 

・・・いかがでしょうか。他の青汁で、これほど成分にこだわったものって、他にはなかなか見つからないのでは?普通の青汁を上回るダイエットサポートが期待できるだけでなく、健康づくりやアンチエイジングなどの面においてもメリットが大きいというのが、酵素青汁111選 セサミンプラスの最大の魅力なのです。

 

また「ケールが入った青汁は苦くて飲みにくい」という声は多いですが、ササッと飲める粒タイプなら、その心配もいりません!つまり「飲みやすさにもメリットがある」というわけですね。

 

そんな超スグレモノの粒タイプ青汁である酵素青汁111選 セサミンプラスの通常価格は税込み3,300円なのですが、定期便のトクトクコースを申込めば、初回は送料相当分の500円だけで手に入れることができます。さらに、2回目以降も10%オフの2,970円で買い続けられますから、酵素青汁111選 セサミンプラスを買うなら、絶対にコース申込みのほうがおすすめですよ!

 

 

 

 

便秘解消にも最適な青汁の記事はコチラ

【特集!】青汁ガチレポート