遠藤青汁の種類と効果!選び方

 

 

 

美容と健康に詳しい人たちから、根強い人気を集めている青汁として挙げられるのが「遠藤青汁」です。

 

青汁商品は、近年では非常に数多くのメーカーが販売していますが、遠藤青汁は、その元祖とも言うべき存在。青汁を考案し、「青汁の父」と呼ばれた遠藤博士が提唱した「青汁健康法」に基づいて作られているのです。

 

青汁のパイオニアによる理論を生かした青汁だからこそ、美容や健康に詳しい人からの信頼度も高い、というわけですね。

 

そんな遠藤青汁の商品は、いくつかの種類がありますが、どれを選べばいいのでしょうか?ここでその疑問を解決しましょう!

 

■青汁初心者の人にはこれ!

 

「日々の野菜不足による美容や健康への影響が気になるけど、青汁初心者なので何を選べばいいか分からない」という人には、オーソドックスな粉末タイプの「みどり粉末」がおすすめ。

 

水や牛乳に溶かして飲む、という方法だけでなく、ヨーグルトに混ぜる、などというアレンジも使えます。農薬や化学肥料を使わず栽培された高品質のケールの粉末だけを使っているので栄養価と安全性はバッチリで、飲みやすさも評判ですよ!

 

■「薬やサプリのように青汁を飲みたい」という人にはこれ!

 

「青汁をジュースのように飲むのではなく、薬やサプリのような感じで飲みたい」という人には、「みどり顆粒」や「みどり粒状」がおすすめです。

 

みどり顆粒は粉薬のようなイメージ、みどり粒状は錠剤タイプの薬やサプリのようなイメージです。

 

「粒状タイプは凝固剤が使われているのでは?」と心配する人も居るかもしれませんが、なんとこちらもケール100%!粉末タイプと変わりない、安心安全品質となっています。

 

■「これぞ青汁」と言える生の感覚がほしい人にはこれ!

 

青汁は「手軽な粉末タイプ」が主流となっていますが、遠藤青汁はあえて、「しぼりたての青汁をそのままビン詰めにした生タイプ」も販売しています。

 

生の青汁をとことん味わいたい人には、「青汁生ジュース」がおすすめ。ケールの豊富な栄養を新鮮なまま摂りいれることができます。

 

そして、「生にこだわりたいけれど、青汁の味がちょっと苦手」という人には「豆乳青汁 生タイプ」がおすすめ。飲みやすいだけでなく、豆乳に含まれる大豆イソフラボンの美容効果も期待できる、というメリットもありますよ。

 

■ケール以外の美容・健康パワーもたっぷりほしい人にはこれ!

 

遠藤青汁に使用されている国産ケールは、安心安全で栄養価も非常にすぐれたものですが、「できれば、他の原材料の美容・健康パワーもほしい」という人も居るでしょう。

 

そんな人におすすめなのが「endouキッチンシリーズ」。

 

このシリーズの商品には、遠藤青汁ならではの高品質のケール100%生青汁だけでなく、完熟トマトを発酵させて作った良質のトマト酢と、純米こうじ100%の甘酒が配合されています。

 

endouキッチンシリーズの最大のメリットは、ケールだけでなくトマト酢や米こうじの美容・健康作用も得られるということ。ケール&トマト酢&米こうじのトリプルパワーによって、よりバランスの良い栄養補給ができるというだけでなく、抗酸化・美白・保湿・ダイエットサポート・疲労回復・腸内環境正常化などなど、さまざまな効果が期待できますよ。

 

■おやつ代わりに食べられる青汁がほしい人にはこれ!

 

青汁と言えば「飲むもの」というイメージが一般的ですが、実は遠藤青汁には「おやつ代わりに食べて楽しめる青汁」というのも存在します。

 

それが、「ぷるっとまと ジュレタイプ」。

 

実はこれ、先ほど紹介したendouキッチンシリーズの商品ラインナップのひとつ。ケール100%の生青汁&トマト酢&甘酒がブレンドされていますので、多種多様な美容・健康作用が期待できます。

 

さらにこの商品にはレモン果汁も使われており、これにより、スッキリとした味わいのおいしいジュレに仕上がっているんですよ。もちろんただ酸っぱいだけでなく、しっかりと甘みもあります!

 

「日々のおやつが、美容・健康づくりに役立つ」というのは、とてもありがたいですね。

【特集!】青汁ガチレポート