機能性表示食品・トクホで青汁を選ぶメリットとオススメ3選

機能性表示食品・トクホで青汁を選ぶメリットとオススメ3選

ベルタ

「健康にいい飲み物」として知られる青汁ですが、その質はまさにピンキリ。

 

いい青汁を確実に見つけたい!と考える人におすすめの方法として挙げられるのが「トクホ(特定保健用食品)認定の青汁」です。

 

青汁は3種類のグループに分けることができる!

青汁

世の中に出回っている青汁は、ざっくりと3種類のグループに分けることができます。

 

その分け方は、以下のとおり。

 

1.普通の青汁
2.機能性表示食品の青汁
3.トクホ認定の青汁

 

では、それぞれ、どういうものなのかご説明しましょう。

 

1.普通の青汁

まず、1の普通の青汁については、「その青汁にどんな機能があるか」というのは、一切表示できません。メーカー側が原材料の産地などを公開するなどの工夫をして、安全性をアピールするのが精一杯、というところでしょうか。

 

2.機能性表示食品の青汁と3.トクホ認定の青汁

これに対して、2の機能性表示食品の青汁および3のトクホの青汁は、科学的根拠にもとづいた機能性についての表示が可能です。機能性の表示とは、ざっくりと言うと「〇〇が含まれており、△△に役立ちます」という感じの表示のことです。

青汁

 

機能性表示食品とトクホの違いとは?

青汁

というわけで、普通の青汁と、機能性表示食品の青汁およびトクホ認定の青汁では「機能性表示ができるかできないか」という大きな違いがあります。

 

では次に、同じように機能性の表示ができている機能性表示食品と、トクホとでは一体何が違うのでしょうか?

 

その答えは、ズバリ、「機能性の表示を事業者責任でやるか、国(消費者庁)の許可をしっかり得てからやるか」という違いがあります。

 

事業者責任で機能性を表示するのが機能性表示食品で、国から認めてもらった機能性を表示するのが、トクホなのです。

 

つまり、国から認めてもらっているトクホのほうが、より信頼性が高い、と言えるわけですね。だからこそ青汁は、トクホ認定のものを選ぶのがおすすめなのです。

 

  • 機能性表示食品⇒事業者責任
  • トクホ⇒国からのお墨付き

 

青汁

大正ヘルスマネージ 大麦若葉青汁の特徴

食物繊維の難消化性デキストリンで血糖値の上昇を抑える!

価格 4.104円
評価 評価5
備考 定期コース初回10%OFF
大正ヘルスマネージ 大麦若葉青汁の総評

トクホ青汁おすすめ第1位は、「大正ヘルスマネージ 大麦若葉青汁」です。 この青汁は、有機JASの認定を受けた九州産大麦若葉を、栄養を壊さない特許製法「超微粉砕製法」で粉末にしているので安心安全・栄養満点であるだけでなく、食物繊維の難消化性デキストリンを加えることによって、血糖値の急上昇を抑える作用ももたらしてくれるのです。 原材料・製法・健康作用の三拍子が揃った、まさに「青汁界のエース」と言える存在ですよ。血糖値が気になる人におすすめです!

青汁

トクホの青汁 キトサン・インの特徴

サンプルを無料で請求できる!

価格 10.500円
評価 評価4
備考 サンプルが無料
トクホの青汁 キトサン・インの総評

この青汁の主原料は、九州阿蘇の有機大麦若葉。1位の大正ヘルスマネージ 大麦若葉青汁に負けないレベルの、とても高品質な大麦若葉を使っています。 そして、このキトサン・インは、名前のとおり、キトサンという成分が配合されているのが大きな特徴。 キトサンはコレステロールの吸収を抑え、それによって血中の悪玉コレステロールを低下させる働きがあると認められていますので、コレステロール値が気になる人に特におすすめです。 また、このキトサン・インには抹茶も配合されているので、抹茶の栄養や抗酸化作用も期待できますよ!

青汁

大正ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサンの特徴

コレステロールの吸収を抑え、血清コレステロール、特にLDL(悪玉)コレステロールを低下させる働きのある<キトサン>を配合。

価格 4.104円
評価 評価3.5
備考 定期コース初回10%OFF
大正ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサンの総評

トクホ青汁おすすめ第3位は、大正ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサンです。 こちらも、1位と同じく大正ヘルスマネージの大麦若葉青汁ですが、1位の商品が 「難消化性デキストリンによる血糖値急上昇抑制青汁」であるのに対して、この商品は、2位のキトサン・インと同じく「キトサンによるコレステロール値抑制青汁」となります。 抹茶成分が入っているなど、他の成分内容もキトサン・インと似ているのですが、通常購入・定期コース利用ともに「1袋あたりの単価はキトサン・インのほうがほんの少しだけ安い」という理由があり、こちらを3位としました。 ただし、キトサン・インが1箱90袋入りであるのに対して、この大正ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサンは1箱30袋入りですから、小分けにしての購入をしたい人には、こちらのほうが向いていると言えるでしょう。

【特集!】青汁ガチレポート