大好きなペットに青汁を与えるメリットとデメリット

犬に青汁って効果あるの??

ペット青汁

 

ペットは家族の一員。子供のような存在!として、大好きなペットを大切に育て、健康管理にも気を配っている飼い主さんは少なくありません。

 

なかには、健康に有効とされる青汁を大好きなペットの健康のためにも良いのでは?と飲ませている、なんて方も少数ながらいるようですが

 

Q.ペットに人間用の青汁を飲ませるのはいかがなものなのでしょう?

 

A.実際、老犬や大きな病気にかかり食事をとらなくなった愛犬に青汁を与えてみたら飲んでくれ、元気になってくれた!なんて話もあるようですが、それはまともな食事をとれない状態に陥ってしまった時に与えたからであって、日常的にペットに青汁を与えるのは好ましくないと考えられています

 

一口に、ペットといってもさまざま種類がありますが、どのペットであっても、人間とは構造も違えば、必要とする栄養素も違います。

 

ペットの多くは、肉食もしくは雑食ですから、そもそも人間ほど野菜を必要としていません。それに、元気なペットであれば十分栄養が行き届いています。にも拘らず、青汁を日常的に与え続けると栄養過多になり、健康を害することになりかねません。

 

大好きなペットに青汁を与えるメリットとデメリット

ペット青汁

 

結論からいうと、大好きなペットの健康のために!と思ってもペットに青汁を与えるメリットはほとんどなく、デメリットの方が多いです。

 

一般家庭で飼われているペットの大半は、犬もしくは猫ですから、ここでは犬と猫を例に説明していきたいと思います。

 

まず犬の場合、食事も食べられないほど衰弱した犬や余命いくばくもない状態の愛犬に青汁を与えたら、少し元気になったという話しは稀にあり、強いていうならこういった食事もままならない状態の犬に青汁を飲ませるのはメリットと言えるかもしれません。

 

 

一方デメリットはなにか?というと青汁には犬に食べさせてはいけない食べ物や大量に食べさせてはいけない食べ物が含まれていることが多いため、健康になるどころか病気になってしまう可能性があることです。

 

長ねぎ、タマネギ、にんにく、にらなどのネギ類は、犬に与えてはいけない食べ物とされています。なぜなら、ネギ類に含まれている成分により犬が溶血性貧血を引き起こす可能性が高いからです。また、ケール、キャベツ、ブロッコリーを大量に摂取すると甲状腺になりやすくなり小松菜、ほうれん草を食べ過ぎると尿結石になる可能性があるので、これらの食べ物は大量に食べさせてはいけないとされています。

 

ペット青汁

 

犬に青汁を与える場合、市販のものを、という方も多いかもしれませんがご家庭で作られた青汁を与えるケースもあるかもしれません。いずれの場合も、これらを原料としている青汁を与えることは愛犬の健康を損ねかねないので原料に注意を払う必要があります

 

 

猫に青汁を与える(与えた)という話しは聞いたことはありませんし、与える方も少ないと思いますが、そもそも野菜を必要としない猫に青汁を与えるメリットはありません。デメリットは、犬同様に余計な成分や栄養を与えることで病気を引き起こす可能性があることです。

 

もちろん、犬にも猫にも少しくらい青汁を飲ませた(なめさせた)からといって害が出るわけではありませんが、不要なものをわざわざ飲ませる必要はないですし、市販されている青汁はあくまで人間用に作られた健康食品です。(手作りの場合も人間用ですよね)

 

 

大好きなペットの健康を考え、なにかプラスワンしたいのであれば

 

それぞれの動物にあった健康食品を取り入れることを考えた方がいいでしょう。


 

あわせて読みたい

【特集!】青汁ガチレポート