薬局、薬店でしか買えないプログリーンと普通の青汁の違いを調査!

プログリーンとにている青汁も比較!

プログリーンヘルスマネージ

 

薬局のプログリーン、王道のヘルスマネージ。その違いを徹底調査!青汁って本当にいろいろな会社から販売されているのですが、その中でも大正製薬のヘルスマネージは口コミ・リピート率・続けやすさに定評があり人気があります。

 

薬局でしか買えないプログリーンと、不動の人気であるヘルスマネージ。この2種類の青汁にどんな違いがあるのか!?成分や産地のこだわりは?その実態を比べてみました!

⇒今回、プログリーンと比較してご紹介する商品はコチラ(^^♪

 

それぞれの特徴は?

プログリーンヘルスマネージ

 

〜プログリーン〜
薬局でしか取扱いがされていない青汁で、低温乾燥されている為
ビタミン・ミネラル・酵素が生きているのが特徴。
酵素が生きているという事で、自分の体内で作り出す事が出来ない酵素を多く摂取出来る為、支持率も高い商品!

 

〜ヘルスマネージ〜
「青汁といったらこれ!」と言っても過言ではない程のリピーター率が圧倒的なヘルスマネージ。
大正製薬が開発をしている青汁で、他の青汁と比べて+αの効果を多く期待出来る青汁!

 

原料のこだわり。大麦若葉とは?

プログリーンヘルスマネージ

 

〜プログリーン〜
プログリーンで使用されている青汁は「大麦若葉」
この大麦若葉、150種類の植物の中から栄養素・安全性・飲みやすさの点で定評があるそうです。

 

そしてその中でもプログリーンは「赤神力」という品種を使用しています。
希少価値の高い品種で栄養素が最も多い時期の若葉である一番刈りを使用しているのも特徴!

 

このプログリーンで使用されている大麦若葉は、大分県の国東半島の契約農家で徹底管理されている物!
そして、何より嬉しいのが「農薬を一切使用していない事!

 

有機栽培している大麦若葉をふんだんに使用しています。
ちなみに、製造段階でも防腐剤・着色料を一切使っていないのも安心ポイント♪

 

素材と産地にこだわりを持っているのが明らかですね!

 

〜ヘルスマネージ〜
プログリーン同様、大麦若葉がたっぷりと使用されているヘルスマネージですが、こちらも「農薬不使用」の大麦若葉!

 

自然豊かな熊本県阿蘇地方で育てられた有機JAS認定大麦若葉を使用しています。
厳しい規格をクリアした農産物のみが認定される有機JAS。

 

安心安全にとてもこだわりがあります!

 

そもそも「大麦若葉」に含まれる栄養素って…?

プログリーンヘルスマネージ

大麦若葉100gと野菜の栄養素を比較すると

 

  • ・ビタミンB2がアスパラガスの約9.5倍
  • ・葉酸が小松菜の約6.5倍
  • ・鉄分がほうれん草の約8.8倍

 

と栄養素がとても高いのも特徴!

 

特に葉酸は加熱をすると栄養素がガクっと下がったり、食べ物から摂取すると多くの量を摂取する事が出来ないため、サプリメントで摂取している方が多いのが現実。
青汁の中にこれだけの葉酸が配合されていれば、サプリメントを飲むよりも良いですよね!

 

それぞれが誇る、独自の強みとは?

プログリーンヘルスマネージ

 

〜プログリーン〜
青汁本来の栄養素をたっぷり吸収できる!
青汁の色はモスグリーンといってちょっと濃い目の色であるのが大体なのですが、プログリーンはどちらかというとエメラルドグリーンであるのが特徴!

 

実はこれ、独自の製法で粉末にしているからなんです。
従来であれば、青汁を作る際に青汁と繊維の2つを原料として使用するのですが、プログリーンは大麦若葉を絞って、絞った青汁のみを使用しているんです。

 

この製法は「活性保存製法」と言うのですが、この方法で粉末にする事で本来青汁が持っている栄養素をそのまま保存が可能!
大麦若葉の栄養素は通常であればとても硬い繊維質に囲まれていて、消化吸収が悪いのが現状。

 

しかし、プログリーンは大麦若葉の繊維を使用せずに青汁の部分のみを乾燥・粉末にしているので、通常の大麦若葉よりも吸収力がグンッ♪と優れています。
なので、青汁の一番多く摂取したい栄養素をダイレクトに体に取り込めるというのがポイントです。

 

〜ヘルスマネージ〜
糖尿病の方にも強い味方!血糖値が下がる!
食後は血糖値が上がり、健康な人は時間が経つと血糖値も自然と下がるのですが、糖尿病の人はこの血糖値が下がらず上がったままになってしまいます。

 

しかしここで注目!ヘルスマネージには、糖の吸収を穏やかにする「難消化性デキストリン」が配合されているんです!

 

難消化性デキストリンとは水溶性の食物繊維の一種で、よく知られている排出を促す働きとともに、血糖値のコントロールにも関わります。 その働きで時間をかけて糖質が血中に吸収される為、食後の血糖値を抑える事が出来ます。

 

価格は?買いやすさは?

プログリーンヘルスマネージ

 

〜プログリーン〜
価格は、3g×60スティック×3箱入で20,000円(税抜)です。
しかも一部の薬局や薬店でしか買えません。

 

〜ヘルスマネージ〜
定期お届けコースにすると初回限定で1000円+税でスタート出来て、毎回送料無料!

 

さらに2回目以降も10%offとディスカウント価格で続けられるため、初回だけではなく継続するリーズナブルさが特徴!
いきなり定期ではなく、まずはお試しで飲んでみたい…という方も、まずは30杯分の初回限定お試し価格1000円+税(送料無料)も用意されています。

 

安さに加えて家まで届けてくれるという点でとてもお手軽ですよね♪

 

ヘルスマネージの公式サイトはコチラ
プログリーンの公式サイトはコチラ

 

個人的意見!プログリーンとヘルスマネージ、どっちが良さそう?

プログリーンヘルスマネージ

 

 

どちらも健康に良い&体に良くこだわった素材で作っているというのはよく分かったのですが、

 

個人的意見としては、大正製薬のヘルスマネージを選ぶと思います。


 

プログリーンヘルスマネージ

 

と言うのも、この2つの商品。
共通点として

  • 大麦若葉を使用している事
  • どちらも粉末で溶けやすく飲みやすい事
  • 栄養素はどちらも高い

といった内容が挙げられますが、これまでにいろいろ比較してみても、愛飲している方の声を聞いたり口コミやブログを沢山読んでみても、プログリーンには欠点が・・・
それは、
「価格が高く、薬局でしか買えない事」

 

これ結構でかいポイントなんですよね。
まず大正製薬のヘルスマネージの価格!

 

青汁って、顔パックやエステと違って週に何回か使用する、1ヶ月に1回する、というものではなく 毎日飲み続ける事が必須条件になってくるのです。
たまに使用する物であれば、ちょっと値段が高くても良い物を摂取したい!と思えるのですが、これが毎日となると正直お財布事情がキツイ!(笑

 

ましてや自分1人だけでなく家族全員飲むのであればコストパフォーマンスは絶対!
必須条件になります。

 

また、薬局でしか買えない=自分で買いに行かなければならない。という事ですよね。
「あー、もう青汁がなくなる。買いにいかなきゃ。あー面倒くさい・・・」

 

そしてそのまま続かないというパターン。よくあると思います。

 

ヘルスマネージはネットで定期購入も出来るので1回申込みをしてしまえば家に届くので、無条件に続けられるかな?という点も好感触。

 

そしてやはり、血糖値の上昇を抑えられるというのは大きな効果だと思います。
糖尿病の方だけでなく、予防にもなりますよね。

 

また、「最近の青汁は飲みやすくて良いけど、その分甘く作っている青汁が多くておじいちゃんが糖尿病で今まで飲めなかった。でもヘルスマネージが血糖値を抑えると聞いて病気予防にもなるから飲み始めた。病院の先生も勧めてくれた。」

 

という声を聞きました。
確かに!と思ったんですよね。

 

青汁を飲む方の家族構成を見ると実は独身より圧倒的に既婚者が多いんです。
特におじいちゃん、おばあちゃん世代と同居をしている方などは断トツでした。

 

プログリーンヘルスマネージ

 

「お父さんが健康診断で糖尿病予備軍と言われて健康を意識するようになった。青汁で体のトータル的な健康をサポートしつつも糖尿病対策も出来て良い」という方のブログを読んで産地や素材、コストパフォーマンスももちろん大切だけれど、青汁を飲む事で他の健康面をサポート出来る効果というのも大切なのかもしれないな。と思いました。

 

プログリーンも良い商品だと思いますが、客観的に見て

  • コストパフォーマンス抜群
  • 病気予防も出来る
  • 定期購入で継続性が高い

とメリットが多いヘルスマネージの方が良いのかな?と思います!

 

ヘルスマネージの公式サイトはコチラ
プログリーンの公式サイトはコチラ

 

【特集!】青汁ガチレポート