長引く風邪は青汁で解消できる!予防効果も!

風邪を引いたら青汁で!!

風邪青汁

 

青汁には、さまざまな効果があるといわれていますが、長引く風邪や風邪の予防にも効果があることをご存知でしょうか?

 

青汁を飲み続けることで免疫力がアップし、ガンや生活習慣病など病気を未然に防ぐことができる、という話を聞いたことがある方は多いと思います。

 

そもそも免疫力とはウイルスや細菌と闘う力&抵抗力のこと、つまり、ウイルスなど有害物質から身を守ってくれる力のことで、ウイルスに感染することにより発症する風邪にも有効ということになります。

2種類の免疫力

風邪青汁

 

  • 生まれもって備えている自然免疫
  • 抗原に遭遇するたびに、遭遇した抗原に応じた攻撃法を学習&記憶し同じ抗原に再度遭遇した時にすばやく攻撃することができる獲得免疫

後天的に獲得していく獲得免疫には、ウイルス感染などによって自ら作られる能動免疫とワクチン注射など他の個体の作った抗体による受動免疫とがあります。

 

ですから、抵抗力の強弱は生まれつきの体質によるところもあるのですが、病気への抵抗力に個人差があるのは上記2種類の免疫力の強さによるものなのです。

 

自然免疫と獲得免疫が正常に働いている間は、協調しあいウイルスや病原体から身を守り病気を未然に防いでくれますが、免疫力が低下すると風邪をひきやすくなったり、病気にかかりやすくなるので注意が必要です。

 

免疫力は20〜30代をピークに加齢と共に低下してしまいますが、ウイルスや病原菌、環境汚染などの外的要因や偏食、不規則な生活、過度のストレス、抗生物質の乱用などによっても低下します。

子供や若者でも風邪を引きやすい人もいれば、高齢者でも元気ハハツラツ!病気知らずの人もいます。
それは食生活や生活習慣に左右される部分が大きいからです。

 

風邪をひかない為の食生活・生活習慣とは?

風邪青汁

生活全般を見直すことで免疫力低下に歯止めをかけたり、免疫力向上&強化を目指すことは可能です。
  • 適度な運動を行う
  • 質の良い睡眠をとる
  • ストレスをためこまないようにする
  • タバコや過度の飲酒を控える

 

なかでも特に重要なのは食生活です。
野菜嫌いな人、好き嫌いが激しい人、油っぽいものが好きな人など偏った食生活を送り栄養バランスが崩れていると年齢に関係なく免疫力は低下してしまいます。
にんにく、生姜、かぼちゃ、大根、ニラ、バナナ、ヨーグルト、納豆、梅干などには免疫力をアップさせる栄養素が含まれているので、これらを食生活に積極的に取り入れるのもいいでしょう。

 

 

ですが、いろいろな食材からさまざまな栄養素を摂ることにより、相乗効果を生み出すことができる、という観点からいうと同じものばかり摂取していたのでは高い効果を望むことはできませんし、栄養も偏ってしまいます。
ですから、免疫力をアップさせる食材・食品はプラスαと考え、やはり毎食栄養バランスのとれた食生活を送ることが大切です。

風邪青汁

 

しかし、厚生労働省が推奨する1日350以上の野菜がどの年代でも足りていない、という統計を見てもわかるように意識はしても目標通りの食生活を送るのは難しいもので、
いくら「栄養バランスの良い食事が大切」といってもどうしても過不足がでてしまうことでしょう。

救世主、登場!

そこで、足りない栄養素を手軽に補給するのにオススメなのが青汁というわけなのですが、実は、栄養バランスが良く栄養価も高い、というだけでなく青汁が免疫力アップに良いのは他にも理由があります。

免疫力アップに青汁が有効な理由

風邪青汁

 

免疫力アップに青汁が有効といわれる理由は、免疫力をアップせるための「栄養素&有効成分がバランス良く配合されている」ことと「腸内環境を整えることができる」こと、という2つの大切な条件を満たしているからです。

 

免疫力と腸内環境って関係なさそう?!そう思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ここでは免疫力と腸内環境について青汁の有効性と共に説明していきたいと思います。

 

 

〜青汁に豊富に含まれる栄養素のなかには免疫力アップに有効な栄養素もたくさん含まれている〜

 

 

青汁にはさまざまな栄養素がバランス良く配合されていることをご存知の方は多いと思いますが、粘膜などを強化する作用があり、また抗原を記憶したり、異物と判断し攻撃する獲得免疫力の主役であるリンパ球をはじめ白血球の力を高めてくれるビタミンC、炎症を緩和させる働きのあるビタミンKをはじめビタミンA、ビタミンB群、ビタミンEなど免疫力アップに有効な栄養素がたくさん含まれています。

 

〜腸内環境と免疫力の関係〜

 

人体の最大の免疫器官(免疫システムの約6割〜7割が集中しているといわれる)である「腸」をキレイにし腸内環境を整えることで、免疫細胞を活性化させ免疫力を高めることができます。

 

青汁には、食物繊維が豊富に含まれていて腸に溜まった老廃物の排出を促してくれます。

 

風邪青汁

 

また、体内に侵入したウイルスや細菌を撃退するという大切な役目を担っているものの、増えすぎると病気のリスクを高めてしまう活性酸素を体外に除去する作用のあるビタミンCやビタミンE、ポリフェノール、ベーターカロテンなども含まれています。
これら青汁に含まれる有効成分により、
腸がキレイになり、腸内環境が整う→免疫力をアップさせることができるのです。

 

風邪×青汁 でおすすめ青汁をピックアップしました♪

風邪青汁

 

飲みやすさNO1 として当サイトのランキング1位に選んでいる「えがお青汁満菜」は、子供でも飲めるほど優しい味なのが高ポイント。
ですが栄養素はギュっとつまっていて、主原料となる大麦若葉・有機ケールに加えて、風邪に効くと言われている 「オリゴ糖・ビタミンC・黒生姜」なども含まれています♪

 

粉末なので、お水以外にも牛乳・お湯・ヨーグルトにかけて… など、幅広く摂取できるので家族全員で飲めます^^

風邪青汁

風邪青汁

風邪青汁

 

\公式サイトでも紹介されていました♪/

えがおの青汁満菜

(→えがおの青汁満菜は公式サイトで購入するのがお得ですよ♪

 

寒いと風邪をひく?

風邪青汁

 

子どもの頃から「寒いから風邪ひくよ!」と言われ続けている人も多いですよね。
なぜ寒いと風邪をひきやすくなるのか知っていますか?

 

実は、寒い所にいると体温も少し低くなります。
私たちの体温が低くなれば、免疫力も低下してしまいます。
逆に体を暖めることで免疫力もアップします。
そのため、寒いと風邪をひきやすくなってまうわけなんですね。

 

最近では、平熱が以前と比べると下がっている人が多く、35度台の人も珍しくなくなってきました。

その1番の原因は、食生活とも言われています。
不足分の栄養素を補える青汁を加えてみると良いかも知れません。

 

空気中には、風邪だけではなくさまざまなウイルスが漂っています。
体を冷やさないことはもちろんですが、平熱が低くならないよう気をつけましょう!

 

まとめ

風邪青汁

 

以上のことから、青汁は免疫力を高めるために有効とされているのですが、免疫力がアップすれば自然治癒力もアップします。
また、青汁には風邪の予防に最適といわれるビタミンC、風邪にともなう炎症を緩和させる働きをアップさせるビタミンKが豊富に含まれていることから、長引く風邪は青汁で解消できる!風邪の予防効果もある!といわれています。

 

ちなみに、よく風邪をひく、一度風邪をひくと何度もぶり返してしまうのは体質だから仕方がない、と半ば諦めかけていた方達に青汁を一定期間飲んでもらったところ
「風邪をひく回数が減った」「風邪をひいても軽くすむようになった」「治りが早くなった」など嬉しい効果を実感された方が多数いらっしゃった、という統計があります。
きっと、青汁を飲み続けたことで免疫力がつき、ウイルスに負けない体作りができた、ということなのでしょうね。

 

ですが、青汁は薬ではなく、健康補助食品ですから即効性はありません。
「風邪をひいたから」と1度や2度飲んでも熱が下がったり、くしゃみや鼻水が止まるわけではありません。

 

症状が出てから慌てて飲むのではなく、免疫力をつけ風邪をひきにくい体質に改善することを目的に飲む!病気に負けない体を作るために飲む!というスタンスで毎日飲み続けることが大切です。

 

風邪青汁

 

えがおの青汁満菜の公式サイトはコチラ

【特集!】青汁ガチレポート