妊婦さんにオススメ!青汁で葉酸を摂取しよう!効果&ランキング掲載

青汁×葉酸の効果は??

青汁葉酸

 

「二分脊椎症や無脳症など神経管閉鎖障害の発症リスクを低減させるために、妊娠適齢期の女性は葉酸を積極的に摂取すべきである」と2000年に厚生労働省より葉酸の重要性が通達されたこと、また2002年から母子手帳に妊産婦の葉酸摂取に関する記載が追加されたことにより、葉酸の重要性が広く知れ渡るようになりました。

 

と同時に、葉酸は血液と深く関与している栄養素で、貧血や生活習慣病予防を始め末しょう神経障害、抗うつ、アルツハイマー、結腸がん、白血病、閉経後の乳がんなどさまざまな病気を予防する効果もある、という認知度もいっきに高まりました。

 

1900年代には、葉酸という栄養素自体あることを知らなかったという方も多かったようですが、厚生労働省の通達を機に妊娠適齢期の女性のみならず、年齢・性別を問わず健康を気にする方々から注目を集めるようになり葉酸ブームが到来しました。

 

 

ですが、残念ながら1日に必要とされる葉酸摂取量をしっかりと摂ってさえいれば妊娠時におけるリスクを回避したり、予防効果を発揮してくれるというものではありません。

 

青汁葉酸

 

葉酸は「ビタミンB群」、特にビタミンB6やB12と一緒に摂取することで相乗効果を発揮する栄養素であり、単独摂取の場合思うような効果は発揮されません。

 

ですから、妊婦さんも、単に1日に必要とされる480μgの(成人男女は240μg、授乳婦は340μgの摂取が望ましいとされています)葉酸を摂取さえすれば安心という訳ではなく、期待する効果を十分発揮させるためにはビタミンB群と一緒に摂取することが大切です。

 

【青汁には葉酸と相性の良いビタミンB群がいっぱい!】

 

青汁葉酸

 

青汁には、葉酸と相性が良く相乗効果を発揮することが出来るといわれているビタミンB6・B12をはじめビタミンB群がたくさん含まれています。また、ビタミンB群だけでなく他のビタミンも豊富に含まれていますし、鉄分、カルシウム、食物繊維など妊婦さんにとって不足しがちな栄養素もバランスよく配合されています。
このような理由から、妊婦にとって青汁はオススメ!ということになります。

 

妊娠や授乳中の方でも安心して飲める青汁はコレ!

葉酸入り青汁おすすめランキング

 

妊娠中はつわりで思うように動けなかったり、産後も育児で思うように家事ができなかったりと、普段よりも栄養を必要としている時期なのに、なかなかきちんと食事が取れないものです。

 

だからこそ簡単に水を加えるだけで、バランス良く栄養補給できる青汁があると助かります。

 

 

自分だけの体ではない分、栄養面は重要と考えている方も多いはず。

 

また、不妊や高齢出産で不安を抱える人にとっても体調管理は最も気を使うこと。

 

毎日続けることで体質改善になり、少し不安が解消されるかもしれません。

 

青汁生活が妊娠中や授乳中におすすめのワケ

青汁葉酸

 

葉酸を含むすぐれた栄養素がたっぷり!

青汁は便秘になりやすい妊娠中にお通じをよくし、つわりや産後のさまざまな体調不良を和らげるといわれる必要な栄養素を補ってくれます。

 

ビタミンや鉄分、カルシウムや亜鉛は特に必要な栄養素。ほとんどの青汁にはたっぷり含まれています。

 

なにより重要な栄養素の「葉酸」がしっかり摂れます! 葉酸については後編で詳しく説明します♪

 

忘れがちな水分補給の大切さ!母乳の量にも関係があります

 

また、水分量にも気を付けてほしいところです。目安として妊娠中は約2リットルの水分補給が必要です。

 

さらに授乳中には約3リットルの水分を摂取すると母乳が出やすくなります。

 

その際、なるべく冷たいのを避けて常温か温かいものを飲むように心がけてください。

 

青汁はその水分補給の手助けにもなります。

 

加熱することで栄養素が失われる場合があるので注意書きを確かめてくださいね。

 

先輩ママおすすめ!青汁を飲んだ妊婦さんの口コミ

 

  • いまはクセのない青汁が多く、つわりで食事が辛いときも飲めました。
  • 妊娠中も便秘をしませんでした。授乳中、赤ちゃんも便秘をしなかったのは青汁のおかげかも。
  • 産後にうまく身体が動かせないとき、手軽に栄養が取れる青汁があって本当に助かりました。

青汁葉酸

 

知っておくと便利な豆知識

青汁葉酸

 

無農薬・無添加・有機JASマークについて

青汁は赤ちゃんのためにも、なるべく無農薬で無添加のものや、放射性セシウムの残有料など検査済みのものを選びたいですよね。

 

青汁だけではなく農産物などを選ぶときの基準となるのが「有機JASマーク」

 

農薬や化学肥料を使わずに自然な環境で育てられたと登録認定機関に認められた印です。

 

このマークなしに「有機」「オーガニック」など表示することはできません。

 

摂りすぎに注意!ビタミンA

普段よりも栄養を必要とする妊娠や授乳中でも、特定のものを過剰摂取することはおすすめできません。

 

たとえばビタミンAは過剰摂取によって毒性が生じ、却って皮膚の乾燥や脱毛、筋力低下などを招くおそれがあります。

 

また、肌によいとされるハトムギも子宮収縮作用があり、妊娠中に過剰摂取すると流産の可能性もあるといわれますのでご注意を!

 

妊娠中や授乳中の必要なカロリーは?

妊娠中の必要カロリーも気になるところです。

 

一般的に一日約2,500キロカロリーを目標といわれており、授乳中の場合は普段の必要カロリーに450キロカロリー足した数字とされています。

 

つわりなどで好みや食欲の変動が激しくなる時期は、急激に痩せたり太ったりとしがちです。

 

妊娠中毒症などの危険性も出てきますので体重の急激な増加は避けたいものです。

 

妊娠中や授乳中の方へ おすすめの青汁

 

青汁葉酸

 

妊娠中や授乳中にも安心して飲め、栄養面やコストなど気になる点も踏まえて、
おすすめの青汁をご紹介します!

 

妊婦 青汁

  • 妊娠や妊活中の方にも重要な「葉酸」の量の比較原料について
  • 安心な無農薬加熱時などの注意点
  • 1日のお値段
  • 通常購入や定期購入について
  • 商品の口コミ
  • おすすめポイント
  • メリット&デメリット
  • つわりのときでも飲みやすい味かどうか

 

 

妊婦 青汁

サンスター 粉末青汁

原料について

葉酸を66?含む同商品は、5種類の野菜を使用しています。

 

ビタミンCがキャベツの3倍含まれており、甘みを加えてくれるブロッコリー。
ビタミンCや食物繊維、ミネラルも豊富なケール。

 

抹茶のような風味が青汁を飲みやすくしてくれるうえ、食物繊維、葉緑素、鉄分がたっぷり含まれた大麦若葉。
カルコン、ビタミン、ミネラルを含み、ほんのりスパイシーな明日葉。
カロテンやカルシウム、ビタミン、ミネラル、カリウムたっぷりのモロヘイヤ。

 

そして注目すべきはこれら原材料が信頼のおける国産であること。

 

飲みやすさ

 

無添加の5種類の野菜がバランスよく組み合わされ、飲みやすく毎日続けやすい味わいです。
お湯に溶かして飲むこともでき、スープに加えるなど加熱調理料も可能な一方、マイクロパウダー製法で冷水でも溶けやすいという特徴があります。

 

メリット・デメリット

 

この商品のメリットは何といっても安心の完全無添加であること。
一方、デメリットは1本が150円と少し高いことです。
ただ量は1袋10グラムと、通常の青汁よりも多めなので高いぶんたっぷり栄養は摂取できますね。

 

商品の口コミ

 

・青汁は苦いと思っていたけれどとても飲みやすくておいしいです。
・朝食に1杯飲み、毎朝スッキリできています。
・手軽にたくさんの栄養が入って野菜不足が解消できます。

 

おすすめポイント

 

 国産の完全無添加で安心
● 5種類の野菜が使用され栄養たっぷり
● 風味がよく飲みやすい
● マイクロパウダー製法で冷水にも溶けやすい
 加熱調理など幅広く使えるため毎日続けるのが簡単

 

購入

 

定期購入すると1コースで10%割引され、2コースで12%、3コース以上なら15%お得
送料も無料となり、毎月決まった日に配達されます。

 

さらにサンスターのすべてのオンラインショップ商品が10%割引かれます。
途中でいったん休止する場合は最長で6カ月まで可能。

 

配達の変更や中止は配達予定日の2週間前までに連絡し、返品や交換は商品到着後1週間以内に電話か商品明細書に付いている「返品・交換連絡票」で連絡します。

 

サンスター 粉末青汁

 

 

妊婦 青汁

ファンケル 本絞り青汁

 

原料について

 

ファンケル本絞り青汁は、13〜30μgの葉酸を含み、ケールを丸ごと粉末にした青汁です。
ケールは「野菜の王様」ともいわれ、1杯で1日の緑黄色野菜摂取量を補えます。
キャベツの仲間ですが栄養価はずっと高く、バランスがよいのが特徴です。

 

飲みやすさ

 

ケールは国産を使用、着色料や塩分、保存料、香料は無添加で、さらっとしたクセのない青汁

 

お値段

通常購入でも1日1杯78円です。

 

メリット・デメリット

 

この商品のメリットは、トライアルが用意されていること。
味や効果に不安がある人も気軽に試すことができますね。
青汁10本、シェーカー、青汁BOOKがセットになっています。

 

デメリットとしては、他商品に比べると少し葉酸含有量が少ないこと。
気になる方はほかの食品などで補うのも方法の1つです。

 

商品の口コミ

 

・独特のエグみがなく、飲みやすいです。
・お通じがよくなりました。
・肌荒れをしなくなり、美容にもよく頼もしい存在です。

 

おすすめポイント

 

 国産で品質も安心なケールを使用
● 栄養バランスがよい
● 無添加
 クセがなく飲みやすい
● トライアルがあり気軽に試せる

 

購入

 

定期購入サービス「健康・得楽便」から申し込むと通常価格から15%OFF、さらに8%のポイントが還元されます。
変更、休止、解約は配達予定日の7日前までに連絡します。

 

また、商品は開封後でも無期限に返送料無料で返品可能です。同封されている「返品・交換シート」に記入し返送してください。

 

ファンケル本絞り青汁

 

 

妊婦 青汁

美力青汁

 

 

原料について

 

エステティシャン高橋ミカさんプロデュースの、葉酸200?を含む国産の青汁
風味がよく食物繊維、葉緑素、鉄分が豊富な九州産の大麦若葉に、たっぷりのビタミンCやコラーゲン、セラミド、ヒアルロン酸、ローヤルゼリーといった美容成分を配合。

 

お値段

 

これだけの贅沢な美容成分を使用しているので1日1杯178円〜となかなかのお値段!
保存料、防腐剤は無添加で、暫定基準値を超える放射性ヨウ素、放射性セシウム、残留農薬も検出されていません。

 

飲みやすさ

 

クセのある原材料は使用されておらず、とても飲みやすいのも特徴です。

 

メリット・デメリット

 

商品のメリットとしては葉酸の含有量がダントツで多く、完全無添加であることです。

 

商品の口コミ

 

・まったく緑の味を感じず飲みやすいです。
・朝起きてみると肌のハリを感じます。
・1週間分のお試しがあるのがいいですね。

 

おすすめポイント

 

 国産
 保存料、防腐剤完全無添加
 放射能、残留農薬検査済み
 飲みやすく続けやすい
 ビタミンCをはじめとする美容成分がたっぷり

 

購入

 

定期購入すると定価よりも13%もお得。続けるほどポイントが溜まります。

 

休止する場合は配送予定日7日前に、解約は原則として4回目以降から、どちらもWebサイトのマイページへログインして申し込みます。
商品発送後のキャンセルや交換は不可ですが、不良品などの場合には商品到着日から7日以内に連絡をしてください。

 

美力青汁

 

葉酸について

青汁葉酸

 

妊娠中によく聞く葉酸のこと。妊婦には必要だと言うけれど、そもそも葉酸って何?どんな効果があるの?お母さんは教えてくれなかったけど…。

 

と、まだまだ知られていない葉酸。その効能や胎児に与える影響など、読めば今日から摂り入れたくなる葉酸の大切さを詳しくお伝えします。

 

 

葉酸とは?

青汁葉酸

葉酸は、別名ビタミンB9とも呼ばれる水溶性ビタミンの一種で、体の発育には欠かせない栄養素です。

 

細胞の分裂や増殖の働きを促し、新しく細胞を作る役割を担っています。また、ビタミンB12と共に赤血球を生成する働きがあることから、葉酸は「造血のビタミン」との呼び名もあります。

葉酸が不足すると貧血を引き起こしやすくなり、貧血になりやすい妊婦さんや授乳期間中のママには欠かせません。さらに、葉酸はアミノ酸の分解や排出を促す働きもあるので、摂取しすぎたアミノ酸による血栓の予防にも一役買っています。

健康な体作りに必要不可欠な栄養素といえます。

 

産院で一番ススメられる葉酸!

青汁葉酸

 

「二分脊椎症や無脳症など神経管閉鎖障害の発症リスクを低減させるために、妊娠適齢期の女性は葉酸を積極的に摂取すべきである」と2000年に厚生労働省より葉酸の重要性が通達されたこと、また2002年から母子手帳に妊産婦の葉酸摂取に関する記載が追加されたことにより、葉酸の重要性が広く知れ渡るようになりました。

 

青汁葉酸

 

不妊治療中や妊娠中は、体調が変化しやすい時期です。特に妊娠初期は胎児が著しく成長し、この頃に脳や臓器などが造られるので、食事内容には十分に気を使わなければいけません。

 

産院には月に一度、または2週間に一度のペースで定期的に通い、そこで食事指導を受けます。「バランスの良い栄養価の高い食事を心掛けること」「塩分を控えた和食を中心に」と基本的なアドバイスの他に、「積極的に葉酸を摂り入れて」と勧める産院もあります。貧血によって悪阻がひどくなる、倒れてしまうなどの危険もあるので、産院からは注意喚起の意味も込めて葉酸の摂取を勧めます。葉酸でダウン症や流産のリスクを減らし、健康で元気な赤ちゃんに育ちます。

 

妊娠前、産後も必要?

青汁葉酸

 

葉酸はホルモンバランスを整える働きがあるので、妊婦さん以外にも、妊娠を希望する方や産後のママにも必要です。

 

葉酸には子宮の健康維持に効果があるので、着床を促進させ、受精卵の成長を促す働きによって健康な胎児の妊娠へ結びつきやすくなります。妊娠力が高まる栄養素と言えます。

 

出産後は、ホルモンバランスが乱れやすく、葉酸が不足すると産後の肥立ちに影響が出ます。

 

さらに母親が摂取した栄養はダイレクトに母乳に変わるので、質の良い母乳を与えてあげるためにも葉酸の助けが必要です。赤ちゃんや母体の健康面を考えると、妊娠前?卒乳するまでは葉酸を摂り入れ続けた方が良いでしょう。

葉酸は一日にどのくらい必要なの?

青汁葉酸

 

具体的に1日に必要な葉酸の量はどのくらいなのでしょうか?

厚生労働省の2015年版の栄養調査によると、普段の食事で摂取できる量は1日に240μgなのに対し、妊婦さんに推奨される摂取量は「妊娠初期640μg」「妊娠中期・後期440μg」となっています。

 

妊娠初期に関しては不足量が400μgにもなります。悪阻で食事が困難だとこの差の開きはもっと大きくなります。そんな時でも効率よく葉酸を摂り入れるには、青汁がおすすめです。

 

青汁なら粉末を水に溶かして飲むだけですし、ビタミン・食物繊維・カルシウム・ミネラルも豊富で、胎児の発育に必要な栄養素がたっぷり入っています。

 

【葉酸はサプリではなく青汁で摂るのが望ましい?!】

葉酸を積極的に摂取するよう呼びかけている厚生労働省。

 

食品から摂取するのが理想ですが、通達の一説に「食品から必要量摂取できない場合は栄養補助食品を利用してでも摂取するのが望ましい」とあるように、
食品から必要量を摂取しきれない場合は、栄養補助食品を利用してでも!ということもあり、近年、葉酸サプリメントに注目が集まっています。

 

実際、妊娠を意識し始めた時から、葉酸サプリのお世話になっている!という方もたくさんいらっしゃいますし、芸能人など著名人の中にも葉酸サプリ愛飲者が増えてきており葉酸サプリメントの良さをブログなどで紹介する方もいらっしゃいます。そういった影響もあってか葉酸サプリの人気は上昇中!

 

青汁葉酸

 

また、葉酸サプリメントを製造販売するメーカーも葉酸だけでなく、妊婦さんをはじめ私たち人間にとって必要でありながら不足しがちな他の栄養素も配合するなどさまざまな工夫を凝らし、相乗効果も狙える「葉酸サプリメント」を販売するようになってきました。必要に応じて色々と選べる環境にあるユーザーとしては嬉しい限りですが、実は、葉酸はサプリメントで摂るよりも青汁で摂るのが望ましい、ということをご存知でしょうか?

 

もちろん、葉酸サプリメントは効果がない、など葉酸サプリメントを否定している訳ではありません。

 

ですが、葉酸はB6やB12と一緒に摂取することで相乗効果を発揮してくれる栄養素であり単独摂取では、思うような効果を期待できない栄養素でもあるため、
B6やB12をはじめとするビタミンB群が豊富に含まれている青汁は、葉酸摂取にとって適している、と言えるのです。

 

また、ビタミンB群だけではなく、他のビタミン群や鉄分、マグネシウム、カルシウム、食物繊維など胎児や妊婦さんにとって必要かつ大切な栄養素がバランス良く含まれている青汁は妊婦さんや妊娠予定の女性にとって強い味方でもあるのです。

 

【青汁には葉酸と相性の良いビタミンB群がいっぱい!】

青汁葉酸

 

青汁には、葉酸と相性が良く相乗効果を発揮することが出来るといわれているビタミンB6・B12をはじめビタミンB群がたくさん含まれています。また、ビタミンB群だけでなく他のビタミンも豊富に含まれていますし、鉄分、カルシウム、食物繊維など妊婦さんにとって不足しがちな栄養素もバランスよく配合されています。このような理由から、妊婦にとって青汁はオススメ!ということになります。

 

悪阻(つわり)でつらい時は青汁で手軽に

妊娠中は、非常にデリケートとなり、今まで大好きだった食べ物を受け付けなくなったり、人によっては野菜や魚など特定のものが食べられなくなったりすることもあり、特に栄養バランスに気をつけなくてはならない時期にも関わらず、バランスが崩れがちでもあります。

 

葉酸を摂ることによって「つわり」がラクになった!という口コミもよく見かけます。主たる目的が「葉酸」であれ、青汁を飲むことでさまざまな栄養素をバランス良く摂取できるのであれば、一石二鳥ですね。また、妊娠すると便秘になりやすいと言いますが、青汁には食物繊維も豊富に含まれているので便秘解消&便秘予防、という面でもオススメです。

 

 

まとめ

青汁葉酸

いかがでしたか?新しく迎える家族のためにも、まずは健康な体作りから始めていきましょう。

 

そのためには葉酸が欠かせないので、悪阻でつらい時などは青汁で簡単に美味しく摂り入れられます。妊娠中だけでなく、産後に乱れがちなホルモンバランスを整え、栄養たっぷりの母乳に変わって赤ちゃんの健康を作ってくれます。

 

葉酸は摂りすぎても不要な分は排出されるので、安心できるのも嬉しいですね。

【特集!】青汁ガチレポート