青汁の飲みすぎ注意※尿管結石などの可能性

一日一杯は目安ですね。

 

青汁は体によいので、たくさん飲めば飲むほどよりたくさんの効果が期待できるのでは?と考えてしまいがちですが、適度でOKと言われています。青汁ブームに伴って、様々なメーカーから青汁が販売されていますが、多くの商品では1日にコップ1杯などある程度の飲む目安が決まっている場合が多いでしょう。通常は1日1食どこかに青汁を取り入れるのが一般的であるといわれていますので、毎食事で飲むのは、飲みすぎになってしまうかもしれません。適度な量の青汁を飲むことによって、健康的な体つくりにつながると言われています。

 

スポンサードリンク

n

【青汁を飲みすぎるとどうなるの?】

青汁を決められた適量より多く飲んでしまうと、健康的被害はあるのでしょうか?基本的に青汁は野菜の搾り汁なので、たくさん飲んでも副作用がないというのがメリットの1つとして考えられています。そのため少しくらい多く飲んでも、体に悪い作用を及ぼすのではとめちゃくちゃ心配する必要はないでしょう。ただしケールを原料とした青汁の場合には、ケールにたくさんのカリウムが含まれています。このカリウムは腎臓病や、人工透析などを行っている人が多く摂取してしまうと、カリウム中毒を起こしてしまう危険性があります。そのためカリウム摂取の制限がされている人は、ケール原料の青汁をたくさん飲むのはやめておいた方がよいでしょう。また飲みすぎてしまうと尿管結石などを発症してしまうケースもあるので気を付けなければなりません。

 

【食物繊維を含む青汁をたくさん飲むとお腹がゆるくなる?】

青汁を飲むと、食物繊維を豊富に含んでいるので、お通じがよくなり、頑固な便秘もスムーズに解消されると言われています。しかしあまりにたくさんの青汁を飲んでしまうと、食物繊維を取りすぎてしまい、お腹が緩くなってしまう可能性もあります。普段から快便でお腹が弱い人などは特に下痢になりやすいので、飲みすぎには注意しましょう。また粉末の青汁は栄養素がぎゅっと凝縮された形で体内に入り込むので、摂取しすぎないようにしましょう。

 

スポンサードリンク

 

 

試して決めたオススメの青汁ランキングはコチラ

【特集!】青汁ガチレポート